default_mobilelogo
2019 topcs off

日本最大級の汽水域と河口干潟を誇る吉野川。

私たちは吉野川河口のラムサール湿地登録をめざします。

 

The YOSHINO‐GAWA RIVER, the river with the largest class of estuarine zone and tidal flat in Japan.

We are aiming for The YOSHINO-GAWA River to be designated as a Ramsar Convention site.

20191208

 

日 時: 2019年12月8日(日)10:00~12:00
場 所: 徳島市川内町 小松海岸
集合場所: 小松海岸駐車場
参加費: 無 料  定員20名(事前申込み必要)  
参 加: 無 料  小学生は保護者同伴・小雨決行・事前申込が必要 
持ち物: 防寒具、軍手、タオル、雨具、飲み物(スポーツドリンクなど)
主 催: NACS-J
共 催: とくしま自然観察の会
問合せ: とくしま自然観察の会
088-623-6783
申込先: umi@nacsj.or.jp

 

地球温暖化などの影響で、21世紀末には日本の砂浜の9割以上が消失の危機と言われています。海辺の生きものの絶滅、大量の海ゴミ、マイクロプラスチックも含め、海の問題は深刻さを増していますが、陸と海をつなぐ砂浜や干潟はその 価値がまだ十分知られていません。砂浜の自然を楽しく学びながら、砂浜を守る活動に参加しませんか。 みなさまのご参加をお待ちしています!!(事前申込みが必要です)

詳しくはこちら



吉野川河口干潟の見どころ

 

ドローンによる干潟の風景

top 01

吉野川河口には、いろいろな干潟の環境があります。

トピックス

top 02

1年を通して、とくしま自然観察会は様々な活動を行っています

シオマネキ

top 03

毎年そーっとシオマネキの赤ちゃん(アオガニ)を観察。宝石のようなアオガニはこの時期だけのお楽しみ!

トビハゼ

top 04

顔も動きもひょうきんなトビハゼは根強い人気者です。

気持ちイイ―!!

top 05

この場所をこのままに残したい!この環境を残したい!!

吉野川河口干潟の資料
  • slide_01
    ラムサール条約湿地登録を目指して(JAPANESE)
  • slide_01
    ラムサール条約湿地登録を目指して(ENGLISH)
  • slide_01
    吉野川をラムサール条約湿地に登録しましょう
  • slide_01
    とくしまの自然 No.89

  • slide_01
    吉野川河口の貴重性とその保全活動
  • slide_01
    吉野川の干潟で記録された底生生物相と河口域の生物多様性の保全

吉野川河口干潟の資料をもっと見る