default_mobilelogo
湿地のグリーンウェイブ2019
青ガニを守ろう!吉野川干潟のクリーンアップ


日 時: 2019年4月14日(日)10:00~12:00 少雨決行
会 場: 吉野川河口住吉干潟(徳島市住吉4・南岸グランド東詰)
主 催: とくしま自然観察の会&吉野川ひがたファンクラブ
参 加: 高校生以上 100円 (保険代)当日参加大歓迎です。
持ち物: 長靴(厚底のが◎)、厚手の手袋、あれば掃除用具、よごれてもよい長袖服装、帽子、各自飲み物

201902321

吉野川の干潟では、春からシオマネキ、トビハゼ、クシテガニなど
さまざまな干潟の生きものたちが活動をはじめました。

夏には、青い米粒サイズのシオマネキの稚ガニが観察できます。
こんな素敵な場所はきっと他にはありません。

そんな場所を脅かしている大量の漂着ゴミをクリーンアップして
青ガニや干潟の生物たちの生息場所を守りましょう。

詳しくは「ごみSOS通信」

日本最大級の汽水域と河口干潟を誇る吉野川。

私たちは吉野川河口のラムサール湿地登録をめざします。

 

The YOSHINO‐GAWA RIVER, the river with the largest class of estuarine zone and tidal flat in Japan.

We are aiming for The YOSHINO-GAWA River to be designated as a Ramsar Convention site.

Image Alt

世界に誇りたい 吉野川河口域

Please come and see our lovely Yoshino-Gawa Estuary

View more

日本の代表的な河口域が危機にある!!



吉野川河口干潟の見どころ

 

ドローンによる干潟の風景

top 01

吉野川河口には、いろいろな干潟の環境があります。

トピックス

top 02

1年を通して、とくしま自然観察会は様々な活動を行っています

シオマネキ

top 03

毎年そーっとシオマネキの赤ちゃん(アオガニ)を観察。宝石のようなアオガニはこの時期だけのお楽しみ!

トビハゼ

top 04

顔も動きもひょうきんなトビハゼは根強い人気者です。

気持ちイイ―!!

top 05

この場所をこのままに残したい!この環境を残したい!!

吉野川河口干潟の資料
  • slide_01
    ラムサール条約湿地登録を目指して(JAPANESE)
  • slide_01
    ラムサール条約湿地登録を目指して(ENGLISH)
  • slide_01
    吉野川をラムサール条約湿地に登録しましょう
  • slide_01
    とくしまの自然 No.89

  • slide_01
    吉野川河口の貴重性とその保全活動
  • slide_01
    吉野川の干潟で記録された底生生物相と河口域の生物多様性の保全

吉野川河口干潟の資料をもっと見る