default_mobilelogo
令和元年の夏は、磯のおもしろさを発見しよう!!
20190804

 


海岸生物調査 磯の観察会 参加者募集要項
日 時: 2019年8月4日(日)13:30~16:00 少雨決行
場 所: 鰯出周辺の磯(鳴門市)
講 師: 上田幸男 先生(徳島県立農林水産総合技術支援センター)
参加費: 無 料
定 員: 30名程度(先着順)
参加年齢: 幼稚園以上、必ず保護者同伴でお願いします。大人の方だけの参加もOKです。
申込方法: とくしま自然観察の会まで E-mailまたはFaxにてお申込み下さい。
記載事項: 参加者全員のお名前、年齢、ご住所、連絡先(E-mail またはFax 携帯番詈など必ず連絡がとれる電話番号)
申込先:E-mail: kansatsunokai@gmail.com(とくしま自然観察の会) または FAX: 088-623-6783

主 催: とくしま自然観察の会

 

夏の磯には、いろんな生きものがいっぱいです。
磯の様々な生きものとふれ合い、生物について知識を深め、海や潮間帯の環境を
守ることの大切さや、豊かな海の環境を見つめなおしましょう。

詳しくはこちら

20190804

日本最大級の汽水域と河口干潟を誇る吉野川。

私たちは吉野川河口のラムサール湿地登録をめざします。

 

The YOSHINO‐GAWA RIVER, the river with the largest class of estuarine zone and tidal flat in Japan.

We are aiming for The YOSHINO-GAWA River to be designated as a Ramsar Convention site.



吉野川河口干潟の見どころ

 

ドローンによる干潟の風景

top 01

吉野川河口には、いろいろな干潟の環境があります。

トピックス

top 02

1年を通して、とくしま自然観察会は様々な活動を行っています

シオマネキ

top 03

毎年そーっとシオマネキの赤ちゃん(アオガニ)を観察。宝石のようなアオガニはこの時期だけのお楽しみ!

トビハゼ

top 04

顔も動きもひょうきんなトビハゼは根強い人気者です。

気持ちイイ―!!

top 05

この場所をこのままに残したい!この環境を残したい!!

吉野川河口干潟の資料
  • slide_01
    ラムサール条約湿地登録を目指して(JAPANESE)
  • slide_01
    ラムサール条約湿地登録を目指して(ENGLISH)
  • slide_01
    吉野川をラムサール条約湿地に登録しましょう
  • slide_01
    とくしまの自然 No.89

  • slide_01
    吉野川河口の貴重性とその保全活動
  • slide_01
    吉野川の干潟で記録された底生生物相と河口域の生物多様性の保全

吉野川河口干潟の資料をもっと見る